System Center 2012はMicrosoftをデータセンター経由でクラウドに移行

Microsoft Management Summitで今すぐ5年前のMicrosoft System Centerラインに代わる製品を発表する今回の発表は、既存のSystem Centerファミリの変更とアップグレード、そしていくつかの新しいツールの組み合わせですミックス。しかし、一貫したテーマは、権限のより効果的な委任を可能にすることによってIT管理のプロセスを単純化するように見える。

たとえば、更新された製品では、System Center Service Managerはクラウドリソースの認可されたビジネスユニットマネージャからのセルフサービス要求をサポートし、Virtual Machine Managerは動的最適化を可能にし、仮想マシンワークロードのオンザフライ割り当てを可能にします。

System Centerファミリに含まれる3つの新製品はSystem Center Projectであり、現在利用可能なセルフサービスの花びらツールの拡張バージョンであると思われます。この製品は、全体的なITコントロールを維持しながら、クラウドリソースを特定のビジネスユニットに割り当てる機能に焦点を当てています。 2番目の新しいツールはSystem Center Orchestratorで、昨年Opalisを購入して買収したプロセス自動化テクノロジのMicrosoft実装です。このバージョンは、データセンターサービスの調整に重点を置いています。そして、最後に、テクノロジが当初日に当たったときに発表された機能とSQL Serverに焦点を当てた機能以外の機能で、サーバー構成の問題を積極的に検出するツールであるSystem Center Advisorという最も興味深い新製品を入手しました。

製品は現在利用可能ではありませんが、2012年下半期には一般的なリリースが予定されています。ベータ版とテストドライブのプログラムはほとんどのツールで利用でき、Microsoft ConnectプログラムとSystem Centerホームサイト。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank