S’pore、OpCo事前認証を開始

シンガポールのインフォコム開発局(IDA)は本日、同国の次世代全国ブロードバンドネットワーク(NBN)の「運営会社」(OpCo)に対する提案要請(RFP)の事前資格取得訓練を開始しました。

OpCoは、NBNのインフラストラクチャ層でのトラフィックフローを管理し、エンドユーザにブロードバンドサービスを販売するダウンストリームリテールサービスプロバイダ(RSP)に卸売ブロードバンドアクセスを提供します。

事前資格申請の窓口は3月17日に閉鎖され、今年の第2四半期にRFPを呼び掛ける予定です。

今回の発表は、昨年12月にネットワーク・インフラストラクチャの設計、構築、運用を担当する「ネットワーク会社」(NetCo)向けのIDPのRFP要請に続くものです。

規制当局によると、NBNは2010年から一般にサービスが提供されると見込まれているが、1Gbps以上の速度を提供し、「2015年までの超高速接続性」を提供することが期待されている。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム