Sony VAIO VGN-TX2XP / Lレビュー

ソニーは、インテリジェントに設計された、よく特定された視覚的に魅力的な超小型ノートブックを生産することで高い評価を得ています。ソニーセンターから入手可能でソニースタイルからオンラインで入手できる2kg以下のVAIO VGN-TX2XP / Lも例外ではありません。

設計

VAIO VGN-TX2XP / Lは、見事に見えます。そのカーボンファイバーの蓋はスレートグレーで、微妙なパターニングが施されているため、どんな距離からでも実際にスレートのように見えます。 VAIOのロゴは、ソニーのブランド名がはるかに小さく銀色で、より反射的な素材で取り出されています。

ワイドスクリーンフォーマットは、VAIO VGN-TX2XP / Lが他のいくつかの超小型ノートブックよりわずかに大きいことを意味します。それでも、幅27.2cm×深さ19.5cm×高さ2.85cmの寸法は、1.24kgの重量のように、ウルトラポータブルの許容範囲内にあります。

TX2XP / Lの24.5cmワイド画面には2つの重要な設計結果があります。このシステムでは、光学ドライブ(この場合はDVDリライタとワイドキーボード)の両方のスペースがあります。キーは確かにタッチタイピストにとって十分な大きさであり、フルサイズの数字の行はわずかに小さいファンクションキーの列によって補完されます。キーボード自体はちょっとスポンジ感がありましたが、スピードでタイピングするのに問題はありませんでした。リストレットの深さはごくわずかなので、タッチパッドはスペースバーに突き当たり、マウスボタンはその下の残りのスペースに押し込まれます。

画面は1,366 x 768ピクセルの解像度を提供し、その幅は、同時に2つの文書を処理するのに問題がないことを意味します。ソニーのX-Blackテクノロジーは、画面が通常よりも反射的ですが、はっきりとクリアなディスプレイを実現します。

スクリーンは、システムの左端と右端のヒンジによって下部セクションに接続され、上下に動かすと、画面の周りを回ります。これは、蓋​​が下にあるときにキーボードセクションの上端が見えることを意味します。ソニーはこのセクションにバッテリーとハードドライブのアクティビティ情報バーと電源スイッチと一連のAVコントロールボタンを配置しています。

特徴

VAIO VGN-TX2XP / Lには、1.2GHzで動作するUltra Low Voltage Intel Pentium M 753プロセッサが搭載されています。これは、2MBのレベル2キャッシュと400MHzのフロントサイドバスを備えています。インテルのPRO / Wireless 2200BGチップセットは802.11bとgワイヤレス接続を提供し、グラフィックスはインテルのGMA 900モジュールによって提供され、128MBのシステム1GB DDR SDRAMを共有します。 80GBのハードドライブは、比較的堂々たる4,200rpmで回転します。

システムの四方にはポートとコネクタがあります。右端にはオプティカルドライブと、外部モニタ用のVGAポートがあります。左端には、RJ-11(モデム)ポートを収容する保護カバーの下に2つのUSB 2.0ポートがあります.1つは背面に、もう1つは前面にあります。タイプIIのCカードスロットも1つあります。

バックエッジは、リムーバブルリチウムイオンバッテリが主に占めています。 TX2XP / Lには1本のバッテリが付属していますが、一部のモバイルプロフェッショナルは長時間使用するために1秒間購入する必要があります。バッテリの左右には、RJ-45(イーサネット)ポート、メイン電源コネクタ、FireWire(IEEE 1394)ポートがあります。

システム前面には、SDカードとメモリースティックスロット、マイクとヘッドホンジャック、BluetoothとWi-Fiをオン/オフするボタン(別々にコントロールすることはできません)、3つの音量コントロールボタン(ミュート、音量アップ、音量ダウン)。

前述のAVコントロールのバンクは、音楽や映画にすばやくアクセスできるようにします。これらのボタンの1つは光ドライブキャディを取り出し、ドライブ自体のイジェクトボタンが非常に小さいので、これを頻繁に使用します。そのため、爪で押し出す必要があります。

TX2XP / Lの電源を切ると、AVモードとマークされたこれらのボタンの1つで、CDまたはDVDの操作、写真の表示、またはWindowsの起動を選択できる画面がすばやく表示されます。これらのプレブートオプションのいずれかを選択すると、適切な制御ソフトウェアが起動されます。

CDを聴きたい場合は、フタを閉じてAVコントロールボタンを使ってトラック間を移動できます。これらのボタンは、DVDの再生やフラッシュカードベースの写真の表示も制御します。 Windowsが動作しているときにはちょっと混乱しますが、AVモードボタンを押すと、提供されているWinDVDソフトウェアまたはWindows Media Player 10のどちらかを選択する必要があります。システムは使用できません。挿入されたメディアに基づいて適切なソフトウェアを自動的に実行するように設定します。 CDオーディオの品質は、内蔵スピーカーとヘッドホンで優れており、DVDの再生品質も優れていました。

ソニーには、TX2XP / Lを搭載したさまざまなソフトウェアが含まれています。 Roxio DigitalMedia SE7とClick to DVD 2.5の恩恵を受けるCDとDVD作成ユーティリティAdobe PhotoShop Elements 4.0、WinDVD 6.0 for VAIO、DVgate Plus 2.2、Adobe Premier Elements 2.0、Microsoft Works 8.0は生産性の高いタスクを処理し、ソニーは独自のVAIO Recovery Utilityとさまざまなセキュリティおよびデータ保護アプリケーションの試用版を提供しています。

性能とバッテリ寿命

VAIO VGN-TX2XP / Lの1.2GHz ULV Pentium M 753プロセッサ、1GB DDR RAM、4,200rpmハードドライブを想定すると、VAIO VGN-T2XP / Lのパフォーマンスが驚くほどではなく、MobileMark 2002スコア161これが事実です。対照的に、Intelの新しいNapaプラットフォームに基づいて入手可能な最速のノートブックは、250以上のスコアを提供しています。つまり、ワードプロセッサ、スプレッドシート、プレゼンテーショングラフィックスアプリケーションなどの基本的なオフィス生産性ソフトウェアを実行する上で問題はありません。

私たちは、デスクトップ(最大性能)モードと中程度の画面輝度で5時間13分という印象的な時間を掛けてきたTX2XP / Lのバッテリー寿命に驚いていました。明らかに、個別グラフィックスではなく統合されたULVプロセッサと4,200rpmのハードディスクの組み合わせは、消費電力の点で配当を支払っています。

TX2XP / Lは、生産性とスピードで使用するのに十分な大きさのキーボードと内蔵のオプティカルドライブを備えた超ポータブルノートブックです。このように、機能と使いやすさの間には良い妥協点があります。ワイドスクリーン形式は確かにこの点で役立ちます。しかし、私たちは2つ以上のUSBポートが好きだったでしょう。私たちは蓋の柔軟性に懸念しています。保護ケースは必須であり、閉じた状態でシステムに重いものを置かないように注意してください。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン