SiSense、分析/データ発見ツールを改良

イスラエルのBI企業SiSenseは本日、サンタクララで開催されたStrataカンファレンスで、コアのチップ内解析/セルフサービスデータ検出製品の高度に改訂されたバージョンを発表しました。 SiSenseは、昨年のStrata Audience Awardを受賞しました。 2013年には、売上高を3倍に増やし、1,000万ドルの資金調達も行った。

もともとPrismとして知られていたSiSenseの今ではブランド化されたSiSense製品は、ベクトル処理、セルフサービス分析、改良されたユーザーインターフェースを組み合わせています。 (下の画像をクリックするとフルサイズのバージョンが表示され、タイプの使用がよくわかります。特に左のドーナツチャートに表示されます)。

SiSenseのユーザーインターフェイスはWebブラウザベースで、以前にSiSenseが使用していたWindowsデスクトップクライアントに代わるものです。同社によれば、Webベースのアプリケーションも適応性があり、あらゆる種類のデバイスやフォームファクターに対応しています。

視覚化はさておき、SiSenseのデータベースエンジンは実際は非常に洗練されています。市場に出回っている多くの製品ではメモリ内の機能について議論していますが、SiSenseはコラムストア技術と圧縮だけでなく、CPUのオンボードキャッシュと特殊なSIMD CPUに内蔵された命令(単一命令、複数データ)命令を含む。

さらに、SiSenseは協調的なキャッシュ戦略を採用しており、同社によれば、ユーザーの数が増えるにつれて問合せの応答時間が短縮される傾向があります。 SiSenseによると、同社の製品は何千ものユーザーとクエリを同時に処理できるという。

SiSense 5には、新しいEメールプッシュ通知とドリルダウン機能、さらにはビジュアル化された機能が含まれています。同社は試用版を無償でダウンロードして提供している。単一の製品で強力なセルフサービスのデータ検出とビジュアライゼーション機能を備えたハイエンドの分析データベースエンジンを提供できるという疑問がある場合は、そのような不安を確認または鎮圧する最善の方法かもしれません。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO