SalesforceとGoogle:S&P 500 Carbon Surveyのスター数の上昇

S&P500企業の炭素排出量を年間調査した結果、551機関投資家が71兆ドルの資産を保有していたことが明らかになった。この調査では、開示の質と排出削減に向けたパフォーマンスに応じて企業のランキングが決定されています。

シスコはトップを奪いますが、実際の話はGoogleとSalesforceの登場です。 Googleは去年の44%から今年89%への開示スコアを改善したが、Salesforceは今年初めて参加し、公表の質は85%と高く評価されている。しかし、Googleが戦略に対するパフォーマンスを評価したのに対し、Salesforceは中位のCを獲得しました。しかし、75%の企業のうち7社のうち7社のみがカーボンデータを個別に保証するのに苦労しましたが、今後も持続可能性を真剣に管理していきます。

デスパッチで言及する価値がある他の会社は、HPが昨年より開示スコア18ポイントを改善し、持続可能性管理システムが生き残っていることを十分に証明したBのランク付けをしたHPです。デルは、開示の場合は72%、パフォーマンスの場合はCの得点を得た。

スペクトルのもう一つの端では、ヤフーは開示品質のわずか36%しか得られなかった。これは、データ品質がパフォーマンスをランク付けするにはあまりにも貧弱だと考えたことを意味する。 Appleは再び炭素排出量の開示を拒否した。

より多くの分析とバックグラウンド、そしてグローバルIT&通信業界の見通し

以下は、開示の質とパフォーマンスによってランク付けされた回答者のリストです。 (より良く見えるようにクリックしてください)

そして、以下は、開示が低品質であるためパフォーマンスを決定できなかった企業のリストです。また、反応しなかったか、参加を拒否した企業のリスト。 (より良く見えるようにクリックしてください)

開示:私はCDPのパートナーであり、調査参加者であるSAPに雇用されています。いつものように、ビューは自分だけです。私のバイオを見てください。

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

BoxはGoogle Docs、Springboardと統合されています

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

G-500調査:気候は払うが技術は遅れる。シスコはリードしますが、AppleとAm azonはボールをプレイしません; Telefonica、BT&Vodafoneが炭素調査をリードしていますが、RIMはそのままです。

人工知能;?GoogleのDeepMindは、人間と同じように機械を話す主要なマイルストーンを主張している;開発者、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収した; CloudはGoogle Docs、Springboard、Mobilityと統合している。