ITをビジネスとして実行するには、ITをコア

情報技術部門をサービスプロバイダーとして位置づけようとする動きがあります。このプロセスでは、企業の時間と資源を占有していたプロセスやプラットフォームの膨大化の多くが、「氷山のように」溶けています。

これは最近、最近のウェブキャストで「サービスとしてのIT」の課題と機会に対処したIan ClaytonとPaul Chapmanの見解です。 VMWareのグローバルインフラストラクチャクラウドオペレーション担当VPであるChapman氏は、自社の社内IT部門がどのように変わったのかを明らかにし、G2G3 AmericasのSVP担当者であるClayton氏は、

クラウドへの動き(クラウドベースのサービスを使用して提供する場合も)は、コアビジネスにとって本質的ではないプロセスとテクノロジを裸にしている、とチャップマン氏は指摘する。 「通常、クラウドベースのモデル(rHRプロセスをWorkdayに移行する場合や、NetSuiteにERPを移行する場合)に移行するワークロードのタイプを見ると、これらのタイプのプロセスは市場であなたを差別化するもの」と彼は言います。 “これは、ビジネスプロセスのsiledです。

これまでクラウドに移行すると、本当に何をしているのかは、ITをあなたを差別化するものに解放することです」Chapmanはこれまでも、「複雑な、人間のミドルウェア、多くの標準的な繰り返し可能な作業。

クレイトン氏は、サービスとしてのITは実用新案ではなく、ITリソースがライトスイッチのようにオン/オフされることを示唆しています。むしろ、内部および外部顧客へのサービスの提供に重点を置いています。 「機能を一段と重視しているのであれば、サービス管理のすべてを尊重する必要があります。近年、私たちはITの中で自分自身を考えてきました。インフラストラクチャとITの快適な部分を提供しています。

代わりに、ITのインフラストラクチャの側面を超えて拡大し、タッチポイント管理に焦点を当てるとき – 顧客がシステムやアプリケーションとどのように対話するかについて、Clayton氏は説明します。エンドユーザーにとってはITは事実上不可視でなければなりません。少なくともそれが目標です。効果的なサービス運用とは、「SaaS企業のように行動し行動することですが、内部的に行うこと」を意味します。

より顧客主導のIT状態に到達するために、Chapmanによれば、新しいアップグレードプロジェクトごとにサービスモードに段階的に移行する機会があるという。 「現在のITインフラストラクチャーには、技術革新、キャパシティー成長、現在の高齢化インフラストラクチャーへの投資がある点があります。 「ERPのアップグレードやインフラストラクチャのアップグレードに費やす時間と労力を節約する機会があります。戦略を立てれば、その再投資を本質的により変形的なものにすることができます。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

よく接続されたハイブリッド雲の7つの要点

リコー、ブラジルへの投資を拡大

ブラジルでのM2M市場の跳躍、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理、クラウド優先度、ハイブリッドクラウドの7つの必須要素、プリンター、リコーのブラジルへの投資促進