Acer、第2四半期のデバイス出荷台数5%増

Acerは、第2四半期にタッチ・ベースのノートPCを活用して、PCおよびタブレットのビジネス全体を強化しています。

Focus Taiwanの報道によると、同社の社長であるJim Wong氏は、Acerのノートブック、ネットブック、タブレットデバイスの出荷台数が第2四半期には5%増えると予想しているという。

これは、第1四半期に見られた第1四半期の11%に対して改善となると同氏は付け加えた。

Wong氏によると、第2四半期のタッチノート対応ノートPCは、Acerのノートブック出荷台数の約25%を占め、2013年末までにノートPC出荷台数の30〜35%を占めると予測されている。

同社は今月初めに一連のWindows 8ベースのラップトップとタブレットを発表し、出荷を改善し、ボトムラインを強化するとの見通しを示した。

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

iPhone;再販のためにiPhoneを安全に拭く方法;エンタープライズソフトウェア;甘いSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを握っている;ハードウェア; Raspberry Piは1000万回の売上を誇り、プレミアムバンドル、iPhone、A10 Fusion:シリコンがAppleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plus

A10 Fusion:Appleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plusを強化するシリコン