2011年のハードウェア2.0最高CPU

今年の終わりに近づいて、2011年の最高のハードウェアの一部を見てみましょう。2011年のHardware 2.0 Best CPUを見て始めましょう。

最も明白なCPUは、インテルのコアi7 990Xエクストリーム・エディションです。 6コア、12スレッド、3.46GHzのクロックスピードを特長としていますが、それには欠点があります。今年2月に最初にリリースされたことを考えると、歯の中でかなり長くなっています。人間の言葉や犬の年でさえも長い時間ではありませんが、これは特に価格を考えるとプロセッサー時代の黎明期です。

同じことがIntel(これは1ヶ月間しかない)からの最新のCore i7-3960X Extreme Edition 3.3GHz Sandy Bridge-E CPUについても言えます。再び、6コア、12スレッド、素晴らしいプロセッサですが、1,050ドルのために、それは私たちにとって単なる死者にとっては高価です。私がビデオレンダリングや3D作業をしていたのであれば、これらのCPUは自分自身で支払うでしょうが、ゲーム機のようなシステムでは、彼らは冗長すぎます。

印象的なi7プロセッサは、「クレイジーなお金のための最も速いCPU」の終わりのないラインの最新です。

注:990Xと3960Xの平均パフォーマンス差は約12%です。ゲームに関しては、ほとんど違いはありません。

非常にいいですが、2011年の最高のCPUではありません…

じゃあ他には?

2011年に大きな飛躍を遂げたプロセッサーは、AppleがiPhone 4SとiPad 2の中心にあるA5プロセッサーです。

A5は通常のCPUではなく、デュアルコアのARM Cortex-A9 CPUとデュアルコアのPowerVR SGX543MP2 GPUを組み合わせたパッケージオンパッケージ(PoP)システムオンチップ(SoC)です。 CPUは1GHzで動作し、512MBのオンボードRAMを搭載しています。

A5はすばらしいエンジニアリングであり、その力と多才さは、Appleがスマートフォンとタブレット市場の両方で競争よりも快適な利点を維持するのを確かに助けた…

2011年のCPUではありません。

いいえ、2011年のCPUはi7 990Xほど強力ではなく、A5ほどセクシーではありません。何かあれば、それは人々が見落としているCPUの一つです。しかし確かに宝石です。

プロセッサー、4K UHDを普及させるための第7世代プロセッサーの発売、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットによるより強力なチップの需要の推進、データセンター、NVIDIAの仮想GPU監視、分析、ハードウェア、AMDのZen

だから、2011年の最高のCPUのための私の選択は何ですか?

AMD Phenom II X6 1100T “Black Edition”です。

なぜこれを選ぶのですか?ここでは3.3GHz(ターボモードでは3.7GHz)で動作する6コアの消費者向けCPUがあり、199ドル以下で小売しています!これは、非常に簡単に、すばらしい価格で利用できる素晴らしいプロセッサです。

Core i7 990Xほど高速ではありませんが、990XはX6 1100Tの5倍の速さではないことを覚えておかなければなりません.CPUをたくさん求めているゲーマーや家庭/馬力の

興味深いことを知りたいですか?このCPUは2010年の私の最高のCPUでした。違いは同じCPUが270ドルだったことです。実際のところ、ハイエンドCPUが過去1年以上続く限り、進歩はほとんどありません。昨年、インテルの巨人(コアi7 980Xエクストリーム・エディション)は3.33GHzでクロックされ、990Xより0.13GHzだけ遅い。

8コアAMD FX部品など、2011年にリリースされた新しいCPUがありましたが、2011年の最高の最高CPUであるPhenom II X6にはまだまだ進んでいます。

[poll id = “725”]

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す