調査:デンマークは、最もe – ready国家

米国は2位にランクされ、昨年の6位から上昇した。大きな利益を上げた国はスロバキアとスイスでした。この調査によると、アジア太平洋地域では香港がリーダーであるという。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニットとIBMの企業価値研究所が作成したランキングはいくつかの要因に基づいています。 IBMがこの調査について発表した声明によると、基本的に、国のe-レディネスはe-ビジネス環境の尺度である。評価される要因には、インターネット接続、技術インフラストラクチャ、およびポリシー環境が含まれます。ホットスポットの普及を含め、今年も新たな指標が追加されました。

この声明によると、今年の米国のインターネットサーバーの普及率と情報技術への支出は、いずれも高く評価されている。さらに、米国はブロードバンドの普及を経験しました。

米国はスウェーデン、スイス、英国、フィンランドと香港は6位にランクされている。

香港はシンガポールを追い抜いたが、シンガポールは昨年7位から11位に下がった。

韓国は世界で最も発展したブロードバンドアクセス市場を持っているが、インターネットセキュリティなどの分野では弱く、この調査では18位にランクされている。

インドと中国は、65カ国のリストではるかに低くランク付けされているが、両研究ともに世界のデジタル経済への貢献が増えていると述べた。

特別報告書;ブロードバンド:崩壊、デジタル渋滞、News.comは、国家の広域ネットワークを構築することを目指す、あらゆる課題の重要な要素を検討している。

IBMのビジネスバリュー研究所(Institute for Business Value)のGeorge Pohle氏は、「e-readinessランキングは非常に動的です。

リーダーシップは、継続的な焦点、戦略的計画、ターゲットを絞った投資を必要とするが、これは始まりに過ぎない」と強調した。「リーダーシップを活用して、市民、企業、政府。そこでは、これらの投資に対するリターンが最終的に達成されています。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます