東芝R10タブレットレビュー

タブレットとして、R10のもう1つの重要なデザイン面はスタイラスで、タブレットの右側のソケットにあります。ワコムのGraphireの錠剤の背後にあるのと同じ技術を使って、ペンは動力源を必要とせず、ユーザーのペンストロークをピックアップする際に非常に正確です – しかし、ユーザーがタブレットでうまくいくかどうかはもう間もなく触れます。

ノートブックの観点からは、R10には中位から上の範囲のシステムで欲しい鐘や笛の大部分が付属しています。これには、Intel Pentium M 735プロセッサ1.7GHz、512MBのRAM、60GBのハードディスク容量、DVD + R DLおよびDVD-RAM、14.1 “T-XGA 1024などの書き込み可能なすべてのDVDフォーマットを処理するDVD SuperMultiドライブx 768のディスプレイには、前述のデジタイザーが付いていますが、これは価格が妥協しているわけではありませんが、まったく恒星ではありませんが、タブレットの視点から見ると、消費者に直接販売するのではなく、タブレット専用アプリケーションを実行することに関心を持つ企業市場。

東芝がR10で推進したいと考えているもう一つの特徴は、東芝が三次元の衝撃保護と呼んでいる組み込みの衝撃保護である」と述べている。おそらく、その厄介な時間の次元を制御しているのはエンジニアにとってはあまりにも大きかったが、ハードドライブのヘッドを落としたり、震えたり、ひどく扱ったりして、プロセスにデータを保存していることが分かったら、安全に駐車してください。

タブレット側からは、Windows XP Tablet PC Edition 2005オペレーティングシステムと、MicrosoftのOneNoteアプリケーションのコピーが入手できます。 OneNoteは、Wordとメモ帳の突然変異の子として最もよく記述されているため、ユーザーは入力されたテキストと書かれたテキストを素早く切り替えることができ、ペンベースのインターフェイスを介して他の文書を切り取り貼り付けることもできます。 Norton AntiVirus 2005の試用版だけでなく、東芝関連のアプリケーションも提供されています。

私たちはBapcoのMobileMark 2002でうまく動作するようにR10を非常に難しくしましたが、複数のインストール、パッチ、さらには完全なシステム復元にもかかわらず、R10がそれを持っていませんでした。それが価値あるものであれば、経験を経て、R10は非常に簡単かつ迅速に復元されると言います。しかし、ハードベンチマークの数値がなければ、R10を即座に競合他社と比較して公平かつ効果的に評価するのは少し難しいです。 ToshibaはR10のバッテリ寿命を最大4時間で評価していますが、内蔵無線接続を使用している場合は大幅に低下することが予想されます。無線接続の分野では、これはR10が目立つ場所であり、正しい理由ではありませんでした。私たちのテスト環境では、R10はしばしば、他のCentrinoモデルを含むいくつかの他のノートブックと比較して、迅速な接続を維持するのに苦労しました。

R10の本当のフックは、タブレットのコンセプト全体があなたを魅了するかどうかでなければなりません。付属のOneNoteとJournalソフトウェアはうまくいきますが、この特定のタブレットに追加のお金を費やすことはほとんどありません。それ以外にも、Photoshopなどのアプリケーションでタブレットを盛り上げたグラフィックパネルとしてプロのアーティストなどに明確な議論ができています。同様に、身体障害者には、コンピューティングニーズを満たすためにペンベースのインターフェースを使用する明確な市場があります。特に、消費者フレンドリーな価格設定を考慮すると、R10はそれに適しています。

新しいタブレットユーザーは、特にグラフィックスタブレットを使用したことがない人なら、プラスチック製のペンでプラスチック製のペンを使用した経験は珍しいかもしれませんが、新鮮さが消えたら、それを「書いて」書こうとするのは単なる誇大宣伝であり、それはまったく紙に書くことのようなものではない。ちょっとした忍耐があなたの方法論を向上させますが、それでも最高の近似です。同様に、多くの誇張された手書き認識技術は概念的には素晴らしいかもしれませんが、現実世界のテストでは、誤ったペンストロークでヘルプを超えてソフトウェアを混乱させることができる人は、

東芝R10タブレット;会社:東芝PC;価格:AU $ 3499;電話:13 30 70

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン