東芝とオリンパスの提携を否定

東芝は、スキャンダルを打たれたオリンパスと株式提携を開始する計画を否定している、とロイター通信は伝えている。

日曜日の報道によると、東芝のスポークスパーソンは、日本のビジネスニュース仲間である日刊工業新聞に対し、同社はオリンパスの財務顧問に事業計画を提出する予定であると述べた。スポークスマンは、「これには真実はない」と述べた。

先週木曜日、サムスン電子、ソニー、パナソニック、富士フイルム、テルモが、オリンパスのビジネスパートナーになるための利害関係者として、朝日新聞の似たような報告がありました。サムスン電子は、日本のカメラと医療機器メーカーのヘルスケア事業の買収には興味がないとのウェブサイトアジアの報告書の前半によると、

オリンパスは、過去に菊川剛の元社長を務めた会社の役員が、会社の損失を隠すために偽造費用を687百万ドルで買収したという、広く報じられた財務スキャンダルに巻き込まれている。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム