前方の戦いのためのスキルアップ

ITサポートに関しては、トレーニングはオーストラリアとニュージーランドの企業にとって最大の作業です。

ウェブサイト「IT Priorities 2011」の調査に回答した企業のわずか30%が、適切なITトレーニングを実施していると回答しました。さらに26%は、それを次の年に優先して検討しています。小規模企業(最大100席)の場合、これはこれまでのところ最も重視されているITサービスイニシアチブであり、大企業(500席以上)の場合、資産管理と採用はほぼ同じくらい重要です。

この調査では、IT雇用が来年になるかどうかについての明確な考えも得られます。大企業の21%は、今後12ヶ月間にわたって導入されるITサービスの側面としてIT採用を見ているのに対して、小企業の場合はわずか10%と言える。

だからこれらの中小企業の焦点は何ですか? ITサービスに関する限り、「あまりない」と答えているようです。トレーニング以外にも、ITサービスのカテゴリ(図に示す)のほとんどが回答者の10%未満で実装されます。

(クレジット:Phil Dobbie)

ホストされたソフトウェアは素晴らしい例です。大企業の14%が翌年に予定しているリストを持っており、さらに39%がすでにそれを実装しています。しかし、小規模企業の10%だけがそれを実施する予定である(23%がすでに導入されているという)。言い換えれば、大企業の53%が小企業のほんの33%に匹敵しています。それでも、ホスティングされたソフトウェアには、容易に導入でき、中小企業に大きな企業ソリューションを提供するという利点があります。明らかにメッセージがまだ伝わっていないか、または中小企業が変更を実施するには余りにも拘束されています。

実際、変更管理は、それ自体、小規模企業にとっては最優先事項ではありません。変更プロセスが完全であるか、電車内であると答えたのは22%に過ぎず、大企業の78%に比べて変わっています。資産トラッキングとプロジェクト管理については、同様の規模の違いがあります。

中小企業のIT部門には、規律と戦略の方向性が欠けている可能性があります。そのため、たとえ新しいITサービスがより短期間で利益を上げることができたとしても、新しいITサービスへの採用は遅くなります。

しかし、より大きな企業はまさに変化を受け入れていません。募集、訓練、資産管理などのハウスキーピングにもっと集中しています。

すべての兆候は、企業がスキルと資産を社内に保つことに重点を置いていることを示しているようです。私たちはこれがアウトソーシングとマネージドサービスの時代だと言っていますが、私たちの回答者はそれを採用するために競争していません。大企業と中小企業の間に違いはありません。わずか7%が来年にアウトソーシングを検討しており、5%以下はITサービスをオフショア化する予定です。

理由は明らかです:それは経済、愚かです!変化は危険にさらされる可能性があり、世界的な金融危機の兆しを見ても、戦略家は「同じことをもっとやろう」と言うのは簡単です。それを社内に置くことは、戦いが進む戦いのために自分の戦場を維持することに似ています。

企業がリードラインのドアを開け、外部の人たちに戦略を助ける前に、ベンダーはより信頼される必要があるだろう。

2011年のIT優先度レポートのコピーをダウンロードするには、ここをクリックしてください。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

よく接続されたハイブリッド雲の7つの要点

ブラジルでのM2M市場の跳躍、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理、クラウド優先度、ハイブリッドクラウドの7つの必須要素、プリンター、リコーのブラジルへの投資促進

リコー、ブラジルへの投資を拡大