ロボット工学への動き

mul-ti-plexer-er。名詞。異種のデータ信号を単一の均一な出力に合成するエレクトロニクスのデバイス。ウェブサイトマルチプレクサは、さまざまな視点、メディアタイプ、およびデータソースをマージし、スポンサードブログを通じて1つの明確なメッセージに統合します。

ウェブサイトマルチプレクサを使用すると、マーケティング担当者はウェブサイトの公開プラットフォームでブログを作成できるようになり、マーケティング担当者がウェブサイトのコミュニティに直接接続することができます。ウェブサイトのコンテンツマルチプレクサのブログは、スポンサーと共同して制作されたもので、ウェブサイトの編集内容の一部ではありません。

人間の労働をロボットで置き換えることは、これまでの現実よりも未来の幻想のように思えました。サイエンスフィクション映画は飛行機や宇宙のホテルを持つ世界を描写していますが、オートメーションへの動きは伝統的には現実よりも想像力に富んでいます。

しかし、それはすべて変化しようとしている可能性があります。専門家は、職場における役割と活動の数がますます自動化されることを提案しています。オックスフォード大学の学者であるCarl Benedikt FreyとMichael Osborneは、法律業務と会計学を含む職種の47%が20年以内に自動化に開放されることを示唆しています。

多くの活動において、自動化の進歩はさらに早くなる可能性があります。アナリストGartner氏は、2025年までにソフトウェアやロボットが3つの仕事のうちの1つを3つの仕事に費やすと見積もっています。新しいデジタルビジネスでは労働力が少なくて済むとGartnerの研究責任者Peter Sondergaardは言います。

もちろん、一部の人々は、提案された開発のペースに疑問を呈するでしょう。技術革新の急速なペースを踏まえても、完全なロボット革命を目の当たりにするには、10年という短い時間が必要です。しかし、一部のセクターや企業はすでに潜在的な変化を先取りしています。

例えば、金融業界は、自動化によって変革されてきました。超強力なコンピュータ、高速ネットワーク、特別に作成されたアルゴリズムにより、世界各地の市場での金銭的な方法が段階的に変化し、最先端の企業は人間の介入なしに取引を完了することができました。

ファイナンスが主導している場合、他の業界が続くでしょう。ガートナーは、深い分析、高度なロボット、仮想アシスタントを含むスマートマシン時代がITの歴史の中で最も破壊的なものになると考えています。 CIOは、こうしたトレンドの展開を注意深く監視したり、競合他社に追いつかなくてはなりません。

アナリストは、IT上司がビジョンを導き、ビジネスがこれらの「スマートな」テクノロジーをどのように活用できるのかを説明しなければならないと述べています。たとえば、小売業では、まずセルフサービスとモバイル決済の可能性を検討し、3D印刷などの関連する開発の成果を監視し、パーソナライズされた商品やサービスの開発と提供の可能性を無人飛行機。

モバイル、クラウド、そして大規模なデータ技術と同様に、ロボットの登場は、デジタル開発の影響を受けにくい産業であっても、すべての部門や職種に大きな影響を与えます。企業は自動化に備える必要があります。そして、精通したCIOは、その準備の最中にすべきです。

企業が崩壊するにつれて、エンタープライズアーキテクチャも(しかし良い方法で)

誰もがプロダクトデザイナーになれるようにSalesforceがリリースmojoをどのように維持するか

IT優先度;エンタープライズアーキテクチャー(優れた方法で); IT優先度;全員を製品デザイナーにしてSalesforceがリリースモージョを維持する仕組み;ロボティクス;最新のITスタッフ:データ入力とプロセスタスクのソフトウェアロボット;企業の想像力;クラウドセキュリティに対する信頼性

最新のITスタッフ:データ入力および処理タスクのためのソフトウェアロボット

クラウドセキュリティへの信頼