レポート:AMD、タブレット向けZシリーズプロセッサを計画

AMDは、漏洩した企業のプレゼンテーションによると、タブレット用に特別に設計された新しいFusionプロセッサを開発中だ。 ZシリーズAPU(コードネームDesna)は、電池寿命を10.5時間に延長しますが、サイトに掲示されているスライドに基づいて、HDビデオやその他の集中的なコンピューティングタスクを処理する処理能力を持ちます。 。

ニュースは驚きではありません。 1月のコンシューマーエレクトロニクスショーの後、CEOのDirk Meyerが退社して以来、AMDがその戦略をタブレットに再集中させたという推測がありました。 AMD初のAPUであるCシリーズ(オンタリオ州)とEシリーズ(サカテ)は、タブレット向けではありませんでしたが、低電力設計により遠方まで広がっていました。実際、取り外し可能なキーボードを備えた10.1インチのWindowsタブレットであるAcer Iconia Tab W500は、すでに1.0GHz AMD C-50デュアルコアプロセッサを使用しています。

スライドにはZシリーズの設計に関する詳細は含まれていませんが、現在のCシリーズおよびEシリーズAPUで使用されている低電力Bobcatコアをベースにしている可能性があります。積極的な電力管理や少ないグラフィックス・コアでバッテリ寿命を延ばすことができます。今年初めまでにCシリーズが到着していないため、2010年のプラットフォームでは6.5時間から、今年のタブレットでは10.5時間に増加することが約束されています。 Zシリーズは、DirectX 11グラフィックスを搭載したAPUがHDビデオストリーミング、ハードウェアアクセラレーション(Internet Explorer 9、HTML 5、Adobe Flash 10.2、およびMicrosoft Office 10)を処理できることを強調するための名前であるAMD HD Tablet Platformの一部です)、および3Dゲーム。

このタブレットプラットフォームでは、消費者、中小企業、医療などの業種を含むすべてのセグメントをターゲットにしています。このスライドに基づいて、AMDはWindows 7 / Windows 8(特にビジネスユーザー向け)に焦点を当てているようだが、ZシリーズがAndroidでも動作するかどうかは不明だ。 Androidソフトウェアエンジニアを探しています)。

Zシリーズを追加することで、AMDは幅広い製品をカバーする「ディスクリート・クラスのグラフィックス」を備えたAPUを提供します。タブレット向けのZシリーズ、ネットブック向けのCシリーズ、超薄型ラップトップ向けのEシリーズに加えて、AMDは最終的にメインストリームラップトップとデスクトップ用のオールインワンのA4およびA6 APUを発表する予定です今週の台湾でのComputexトレードショー。

AMDは、このクライアントプラットフォームで145以上のデザインが勝利したと主張しています。これには、不安定な映像を滑らかにするAMD Steady Video、高性能を実現するTurbo Core 2.0、Intelのワイヤレスディスプレイ技術に対するAMDの答えと思われるAMD Wireless Displayなどがあります。ハイエンドのAMDは、個別グラフィックス用に設計されたクアッドコアまたは6コアCPU(コードネームザンベジ)A8を搭載しています。

インテルは独自のタブレットプラットフォーム「オークトレイル(Oak Trail)」を所有しており、同社はComputexの新しいAtom SoCに基づいて約10タブレットを出す予定です。 Oak Trailは、Windows、Android(FroyoとGingerbread、Honeycombを使っています)、MeeGoをサポートしています。

ラップトップの電源コードが擦れてしまうのを防ぐ簡単で簡単な方法

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン

ASUS ZenBook Flip UX360CA、First Take:軽量13.3インチ360度コンバーチブル

インテルKaby Lake CPU搭載のステルスラップトップ、Nvidia Pascalグラフィックス、ラップトップ、Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチのラップトップを搭載しています。 ;ラップトップ; ASUS ZenBook Flip UX360CA、First Take:軽量13.3インチの360度コンバーチブル