レポート:サムスン、2015年からiPhoneチップを供給

Samsungは、Appleが中国のTSMCとiPadとiPhoneのためのチップを開発することを選んだとの報告に続いて、2015年からiPhone用の中央チップセットを供給する契約を結んでいると伝えられている。

韓国日報によると、韓国経済産業局(NBE)によると、Samsung Electronicsは2017年に発売される予定の将来のiPhone版に14 nmサイズのA9チップを供給すると語った。

同レポートは、これがiPhone 7であると見積もっており、2015年に生産が開始され、下半期に生産が開始される予定であるとの報告がある。 iPadはiPadに供給できるとは言われていないが、AppleはSamsungのスクリーンをSamsungから購入し、LG Displayに切り替えた。しかし、報道によると、サムスンの意向は、新しいiPadのための網膜ディスプレイ画面をアップルに提供することだろう。

クパチーノを拠点とする同社は、今年6月にSamsungとTSMCを協力してiPadとiPhoneのチップを開発することを選択した。

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

今、あなたはその道で何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができます

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

iPhone、再販のためにあなたのiPhoneを安全に拭く方法、ハードウェア、その道のりで何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができるようになりました;エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入