ハードウェア2.0 – “2010年のCPU”

先日私の「Game of 2010」を投稿して楽しい時間を過ごした後、いくつかのカテゴリーに渡って「Best of 2010」に関する私の考えを尋ねる電子メールをいくつかの人に送ってもらいました。

さて、あなたはそれを求めました!それでは2回目の記事、「2010年のCPU」です。

CPUを選ぶ最も明白なのは、インテルのコアi7 980Xエクストリーム・エディションです。 6コア、12スレッド、3.33GHzのクロック速度、100万ドルの小売価格で、2010年のCPUは明らかです。

まあ、そうではないかもしれない。 i7 980Xはクールで印象的なので、「クレイジーなお金のための最も速いCPU」の終わりのないラインの最新です。今年3月に最初にリリースされたことを考えると、歯がかなり長くなっています。人間の言葉では長い時間ではなく、犬の年であっても、プロセッサー時代の時代です。

じゃあ他には?

まあ、2010年に大きな飛躍を遂げたもう1つのプロセッサーは、AppleがiPadで最初に使ったA4プロセッサーで、その後はiPhone、iPod touch、Apple TVで使用されています。

A4は通常のCPUではなく、ARM Cortex-A8 CPUとPowerVR GPUを組み合わせたSoC(Package on Package)システムオンチップ(SoC)です。 CPUは1GHzで動作します。

A4はすばらしいエンジニアリングであり、その力と多才さは、Appleが競争上の優位性を維持するのを確かに助けてくれた。

しかし、それは “2010年のCPU”ではありません。

いいえ、「2010年のCPU」はi7 980Xほど強力ではなく、A4と同じくらいセクシーです。何かあれば、それは人々が見落としているCPUの一つです。しかし確かに宝石です。

では、2010年のCPUのための私の選択は何ですか?

AMD Phenom II X6 1100T “Black Edition”です。

iPhone、再販のためにあなたのiPhoneを安全に拭く方法、ハードウェア、その道のりで何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができるようになりました;エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

なぜこれを選ぶのですか?ここでは3.3GHz(ターボモードでは3.7GHz)で動作する6コアのコンシューマCPUがあり、270ドル以下で小売しています!これは、非常に簡単に、すばらしい価格で利用できる素晴らしいプロセッサです。

Core i7 980Xほど速いわけではありませんが、980XはX6 1100Tの3倍の速さではないことを覚えておかなければなりません.CPUをたくさん求めているゲーマーや家庭/馬力の

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

今、あなたはその道で何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができます

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入