テレコムNZ、ファイバーの分割を約束

テレコムニュージーランドは本日、ニュージーランドのナショナルブロードバンドネットワーク(超高速ブロードバンドイニシアチブ)の建設に向けて行動計画を策定し、クラウンファイバーの保有に広範な提案を提出しました。

テレコムの提案は、2019年までにニュージーランド人の75%にブロードバンドを展開することを目指しており、2015年までには「優先ユーザー」となる予定です。

この提案は、Telecom NZとChorus2という2つの会社に分社化された電話会社の構造的分離に依存しています。

同社はすでに卸売、小売、ネットワークの各部門に分かれていますが、2つの別々の会社に分かれています。

このように会社を分離するためには、株主の75%が同提案に同意する必要があります。

テレコムNZのCEO、ポール・レイノルズ氏は、「テレコムはコーラスを通して、他のどのパートナーよりも多くの光ファイバーを、より迅速かつ効率的に提供できると確信している」と語った。

私たちのソリューションは、規模の経済性と、単一の国家的なオープンアクセスネットワークに特有のサービスの一貫性と、重要なコミュニティ関与の可能性の両方を兼ね備えています。

レイノルズは、Telecomの役割は計画されたNZネットワークが成功したことを確認するうえで重要だと考えました。

彼はテレコムNZの最も経験豊富な人々が提案に取り組んだと言いました。 「神聖な牛は救済されておらず、挑戦的ではあるが非常に重要な問題のこの段階を経て作業しているため、未確認の仮定は残っていない」と彼は語った。

通信会社はまた、超高速ブロードバンド・イニシアチブと75%の設置面積以外のサービスを計画している農村広帯域イニシアティブとの統合を提案しました。これにより、超高速ブロードバンドの到達範囲が75%のカバレッジエリアを超えて拡大することが可能になると述べた。

今や通信会社は、この提案を政府機関と話し合うと、レイノルズ氏は述べた。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、