テルストラは、統一された通信のためにクラウドに行く

テルストラはネットワークベンダーの巨大シスコと協力して、ユニファイドコミュニケーション(UCaaS)として知られている新しい音声、ビデオ、テレプレゼンス、モバイルアプリケーションを発表しました。

クラウドコラボレーションと呼ばれるこの製品は、ビジネス、企業、政府の顧客に提供され、テルストラのネクストIPネットワークとネクストGモバイルネットワークを介してサービスを提供するオーストラリアのテルストラのデータセンターにローカルでホストされます。

この製品は月に1回販売され、実際にその時間に使用している労働者の数によって異なります。また、勤務先にはオフィスからオフィス、情報、モバイルまでのカテゴリがあり、Telstraはその従業員のトラフィックをネットワーク上でどのように優先させるべきかを決定することができます。

テルストラの企業・政府ポール・ゲーソン(Paul Geason)グループマネージングディレクターは、この製品は、ユニファイドコミュニケーションのインフラへの投資コストを削減すると述べています。

「クラウドへの統一されたコミュニケーションを取ることで、設備投資の負担と顧客からの複雑な導入を取り除くことになる」クラウド・モデルは、組織を営業支出モデルに置き、ITサービスのより簡単な予算と柔軟性を可能にする。ステートメント。

シスコのオーストラリアとニュージーランドの副社長であるリチャード・キッツは、Telstraの製品は、シスコの統合クラウド・コンピューティング・プラットフォームで世界最大の製品であると述べています。

「シスコユニファイドコミュニケーションとテレプレゼンスは、今後Telstraを市場に投入すると期待される数多くの新しいサービスの中で最初のものです。

この製品は数ヵ月後に発売される予定ですが、Telstraはメルボルンとシドニーのテルストラエクスペリエンスセンターにデモンストレーションユニットを設置します。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束