ソフトウェアは特許を受けるべきですか?

ここ数ヶ月、ニュージーランドのICTコミュニティは特許の問題について議論しています。

当初、MP選定委員会は、新しい特許法とみなされるため、ソフトウェアが特許可能ではないと判断しました。ニュージーランドコンピュータ協会は、特許は革新と創造性を阻害すると述べている。しかし、マイクロソフトやIBMのような大手ベンダーからのロビー活動を受けているようだ。

最近の政府の考え方は、操作機械などの「技術的目的」に役立つ特許は許されるべきであり、情報を処理するだけのものは許されるべきではないということです。

確かにニュージーランドのICTコミュニティには多くの議論があり、それはまだ議論が続いています。

私にとっては、最新の考え方は公正な妥協案に見えますが、いずれにしてもあまり確実ではありません。確かに、革新を生み出す人々の知的財産を保護するための特許が必要です。彼らは彼らの労働の成果から恩恵を受ける必要があります。

最近のケースでは、Microsoftは毎年何百万もの新しいソフトウェアを開発していると指摘しています。その投資の利益を得るのは公正かつ適切です。それが帰っていなければ、そのお金を投資したり、私たちに利益をもたらす新しいソリューションを開発したりすることはありません。

しかし、マイクロソフトは、特許をあまりにも広げすぎてはならないものに影響させて、イノベーションを抑えるために特許法を使用することができることも見ています。

特定の一般的な種類のソフトウェア特許の概念は、オープンソースの成長のおかげで冗長になり、技術的な目的を持った専門アプリケーションにとどまることは間違いないようです。

私は今後も多くの議論が行われることを期待している。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

IBMがAIを使って第2アフリカの研究室で大きなデータを暴動させる

IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編は次のようになります

IBMは業界のプラットフォームを立ち上げ、ユニットをブロックし、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブをスワップする

データセンター、IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Big Data Analytics、AIを使用して第2アフリカの研究機関で大量のデータを管理する人工知能、IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編; CXO; IBMが業界プラットフォームを立ち上げ、ブロックチェーン・ユニットを導入し、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブを交換