ソフトウェアのボディはソフトウェア特許よりECのタスクフォースを打ち砕く

ソフトウェア開発の圧力団体が、今週、欧州委員会のICTタスクフォースが知的財産権、権利(IPR)に報告したと発表した。

フリー情報インフラストラクチャ(FFII)の財団は、中小企業によるソフトウェア特許の使用を推奨した報告書は、特許、特許法律家を含む大企業および大企業、マイクロソフトおよび欧州特許庁。

「競争力と革新のための知的財産権」と呼ばれるこの報告書は、中小企業、特許保護にますます頼っていること、特に欧州の中小企業(SMB)がスタートアップに特許をコア資産として使用していることを発見した。また、米国におけるソフトウェア特許の増加は、米国のICTセクターにおけるイノベーションを妨げていないことにも留意した。

IP保護、特に特許保護は、多くの技術主導の中小企業の成功の鍵を握っており、投資資金と投資資金を引き付けることができます」と同報告書は述べています。

しかし、FFIIはこれらの知見に強く反対した。 「これらの主張は、ソフトウェア特許を指摘し、大企業に市場の重要な把握を与えながらIT SMB部門を罰するSMB組織によって強制的に争われている」とFFIIは木曜日に述べた。

ICTタスクフォースは欧州委員会によって設立されたものであり、欧州ではより強いビジネス市場である。 IPRワーキンググループは、大手IT企業や貿易機関の代表者で構成されていた。欧州委員会の職員がいたが、オブザーバーとしてのみ存在した。

ソフトウェア特許は、ヨーロッパでは論争の的になっている問題であり、そうでない場合は現在認められています。昨年、欧州でソフトウェア特許を合法化しようとする試みは、選挙後に失敗し、特許所有者がソフトウェアを独占できるようになると主張した。

Microsoftは、特許は欧州のビジネスの通貨だと主張している。 MicrosoftインターナショナルのJean Philippe Courtois社長は、英国のWebサイト(英文)とのインタビューで、特許は中小企業のビジネスを改善すると主張した。

特許は通貨です」とCourtois氏は述べています。「私たちは大企業と中小企業の間で特許のライセンス供与を進め、ますます使用されるスキルを提供する企業として挑戦しています。

しかし、FFIIの英国人ルーファス・ポロック氏は、マイクロソフト社がすでにライセンス供与したいと望む多くの特許を保有していることから、このサービスは自立していると主張している。

マイクロソフトは膨大な数のソフトウェア特許を保有しています。ほとんどの人々は著作権で革新的な投資を保護しています」とポロック氏は英国のウェブサイトに語った。「特許はもっと強力な独占権を与えている。

ポロック氏は、著作権は著者や開発者に自動的に付与されるように、著作権は知的財産を保護するための「より迅速な」方法であり、特許は適用する必要があると述べた。彼は特許は不適切だと言っていますが、アイデアが一般的である傾向があり、実際の努力がコードを開発することになるというソフトウェア開発にとって、

安価なソフトウェア特許は、本物の、費用のかかる、実行中のコードを開発するための真の努力を費やした人に課税されます」とポロック氏は述べています。「コードはずっと時間がかかり、著作権はコードに含まれています。ソフトウェア、特許は実際にイノベーションを阻害する」とポロック氏は付け加えた。

また、FFIIは、ICTタスクフォースが非常に大規模で、しばしば非EUベースの企業からの代表者の数が不平等であるように思われたと主張し、欧州ソフトウェア産業における中小企業の重要性を踏まえて

報告書のSMBに焦点を当てると、これはむしろ皮肉だ」とポロック氏は語った。

FFIIはまた、中小企業が「特許システムの理解と一般的な知識が比較的不十分である」と非難していると言って、小規模のIT企業に「特に侮辱的」な報告をした。

クラウド、クラウドのソフトウェアメーカー、クパのファイルは7500万ドル、エンタープライズソフトウェアは?TechnologyOneは農業、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか、Enterprise Software、Sweet SUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

FFIIのピーター・ヒンツェンズ大統領は、「この報告書は誠意を持って参加したすべての人に侮辱と侮辱だ」と述べた。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入