スプリント、シスコの助けを借りてクラウドベースのサービスを開始

Sprintはシスコと提携して、ホスト型の完全統合型の統一コミュニケーションソリューションを開発しました。このソリューションには、高度なモバイル統合ツールとコラボレーションツールが含まれています。

今日中規模および大規模企業向けの「最も包括的な」UCシステムであることを誇るSprint Complete Collaborationは、オールIPネットワークを介して提供されます。

ここでは、IPとビデオ電話、統合メッセージング、コラボレーションツール、ユーザーエンドポイント、強化されたモバイル統合など、いくつの機能が考慮されているかを考慮して、プラットフォームは包括的です。

特に、SIPトランキングは、スプリントとシスコの競合他社の同様のサービスとの差別化要因として選定されています。完全コラボレーションソリューションは、アグリゲーションとバーストを通じてより効率的なトランキングオプションを提供すると宣伝されています。

全体として、このソリューションの利点は、ほとんどのクラウドベースのサービスに見られる利点に似ています。実行しにくく、ソリューション全体で単一の連絡先のみを含む、より機敏なプラットフォームです。

エンタープライズ顧客は、このUC設定を使用したい場合、3つのパッケージを選択できます。それぞれのビジネスの規模とニーズに応じて異なります。オプションは、基本的な音声中心の設定から、より広い範囲のエンドポイントを持つモバイルユーザーをサポートするまでの範囲です。

しかし、新製品の発売だけでなく、これは本当にスプリントの大きなマイルストーンです。

Sprintの有線ユニットのマイク・フィッツ(Mike Fitz)副社長は、これが「Sprintが受賞したオールIPネットワークを活用して、今年開始するいくつかのクラウドベースのサービスの中で初めて」と明らかにした。

スプリントは、モビリティとSIPトランキングを完全に管理されたバンドルに統合し、全従業員のコラボレーションを可能にするCisco HCSパワードソリューションを市場に投入するシスコの最初のパートナーです。優れたマネージドサービスと組み合わせることで、Sprintのお客様は、業界で最も強力なUCポートフォリオ(1つの包括的なソリューション、1つのアカウントチーム、1つのサービス/サポートチーム)を簡単に活用できます。

これまでのところ、スプリントは、シスコのユニファイドコミュニケーションマネージャとIP電話を、全米の小売店や数千のシスコのIP電話に導入しています。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。

シスコは統一されたITアプローチでBYODトレンドを超えています; NDS買収により、シスコはビジネスビデオを上演し、ShoreTelのエグゼクティブは統一コミュニケーションの加速に注力し、シスコのように国際的に成長するネットワークセキュリティ市場、シスコは第3世代のファブリックコンピューティング

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート