シンガポール、アジアのIPハブになる10年間のマスタープランを発表

シンガポールは、アジアにおけるグローバルな知的財産(IP)ハブとしての地位を目指しており、計画を実現するための10年間のマスタープランの一環として一連のイニシアチブを開始しています。

政府は、IP運営委員会の勧告を受け、シンガポールをIP取引、経営、質の高いIP申告、IP紛争解決の拠点とするよう勧告した。

2012年5月に政府が招集したIP運営委員会は、MediaCorp会長のTeo Ming Kianが議長を務め、勧告を策定する前に100以上の国内外の組織から200人以上のIP専門家に相談しました。

シンガポールのアジアにおけるグローバルなIPハブとしての発展は、シンガポール人にとって高付加価値の雇用機会を創出し、法人およびIPサービス部門ならびに知的財産権所有者に利益をもたらします。

政府は様々なイニシアチブの中で、不履行の際に担保として使用される特許の価値を部分的に引き受けるIP融資制度を導入する予定である。これにより、銀行はIPを資産クラスとして認識し、金融機関間でIPファイナンス機能を構築し、IPリッチ企業が特許資産を使ってより容易に資本を調達することを可能にします。

2012年10月、マレーシアの近隣諸国は、2012年12月にIP評価モデルを発表し、地方金融機関が担保として設定した知的財産権の価値を判断するのに役立つツールになると述べた。

全体的な生態系を強化するために、IPファイナンス関連のコースを受講している金融機関は、シンガポール通貨金融当局(MAS)が管理するファイナンシャルトレーニングスキームのもとでサポートを申請することもできます。

シンガポール知的財産権(IPOS)はまた、IP評価のための新しい優秀なセンターを設立し、後者は、IP評価手法の研究、IP評価専門家のためのトレーニングおよび認証などの業界関係者と協力する。

シンガポールにとって戦略的に重要と考えられる技術分野において、特許検索と審査(S&E)能力を構築するために、5,000万シンガポールドル(4,030万米ドル)を投資する予定です。 IPOSは昨年9月にS&Eチームを立ち上げ、2013年中頃に欧州と日本の特許事務所の訓練を受けて操業する予定です。

IPアカデミーをこの分野の教育訓練の配備を統括する中央機関として強化するために、1500万シンガポールドル(US $ 12.1M)を費やす予定です。

才能、専門知識の向上