サムスンは822百万ドルの韓国のR&Dビルドで緑色の光を与えた

サムスン電子はソウルに研究開発センターを建設するという緑色の光を受けている。

韓国ヘラルドによると、韓国企業はソウル瑞草区(ソチョグ・ソチョグ)のウムモンドンに研究開発センターを建設する許可を申請した。地方当局は今、技術大手に承認の封印を与えているので、先週1兆ウォンの822百万ドルの建設が始まった。

研究開発センターでは、ソフトウェアと技術の設計に焦点を当てます。 33万平方メートルのプロットで10階建ての高さを誇るこの会社は、約10,000人の研究従業員を収容する予定です。

R&Dセンターの完成は2015年5月に予定されています。

サムスンは既に韓国に6つの既存の研究拠点と開発センターを持ち、世界には18の他の人が散在しています。同社のウェブサイトによると、2010年までに更新された数字によると、Samsungの従業員の4分の1以上(42,000人)が研究開発に従事しているという。

サムスンがビルドに先んじるというニュースは、エレクトロニクスの巨人が巻き込まれるのと同時に起こった、ライバルのアップルとの法的な戦いだ。両社は特許権侵害により金銭的損害賠償を求めており、皮肉なことに、Appleはデバイス設計に関する特許侵害について韓国企業を訴えている。

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません

オーストラリアの航空会社がSamsung Galaxy Note 7を禁止

Republic WirelessでSamsung Galaxy S7 Edgeとのハンズオン:より良いWi-Fi通話体験

モビリティ; 400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhoneは、iPhone 7の耐水iPhone 7のためのAppleの保証は液体の損害をカバーしていない;移動性;オーストラリアの航空会社はサムスンギャラクシーノート7を禁止する;モビリティ;サムスンギャラクシーS7エッジとハンズオンRepublic Wireless:より良いWi-Fi通話体験