サムスンのサプライヤーはウォッチドッグでより多くの労働虐待を訴えた

中国労働委員会は、携帯電話のカバーやスクリーンを組み立てて2週間、サムクワンの生産ラインで働く「調査官」を派遣したと主張し、中国の調査では、少なくとも23件の倫理的・法的違反が発見された。 、1ヶ月間の超過時間が148時間、労働者が4秒ごとに1つの携帯電話のケースを組み立てるような激しい作業率」が挙げられます。

他のタイプの従業員虐待には、経営者による定期的な言葉による虐待、労働者に裸足で働かせること、労働者に課せられた罰金、安全教育と安全対策が不十分であるなどが含まれる」とニューヨークの労働者権利グループは、木曜日にウェブサイトで公開された「サムスンの電話工場で」。

韓国の技術大手は、金曜日のブルームバーグ報道によると、同社に専門家チームを送り、報告書の主張についてさらに調査し、必要な措置を取ると述べた。

サムスンはまた、2013年初めに最新の報告書に記載されたサプライヤー企業の労働条件のオンサイト監査を第三者審査員によって行ったと主張した。サプライヤー企業に是正措置の実施を要請し、三星はブルームバーグに語った。

最新の調査では、労働時間が過度に長く、仕事率、児童労働者、不十分な安全訓練、無給の仕事、空白の労働契約などを抱えていた、2012年にSamsungに生産する11の中国工場を調査した三星は中国のサプライチェーン全体の状況を改善すると約束したという。

法的専門用語はさておき、AppleとSamsungの間で実際に何が起きているのか、それはどうやって始まったのだろうか?タイムラインを見てみましょう。

昨年9月、中国労働者ウォッチは、中国全土にある三星(サムスン)の直営工場とサプライヤー工場の8つの報告書を発表し、「100時間以上の強制労働時間外労働、無給労働、11〜12労働派遣労働者の虐待、労働者の安全性の欠如、言葉や身体的虐待などのさまざまな要因によって引き起こされると考えられる。

2012年8月6日、別の報告書の同じグループが、児童労働と学生の労働搾取のため、HEGエレクトロニクス(恵州) – 中国南部のサムスンの他のモバイル組み立て工場を訴えました。報告書によれば、学生労働者は当時の工場労働者の80%に達していた。

サムスン(世界最大の携帯電話メーカー)は、11月のCanalysのレポートによると、全世界の携帯電話の出荷台数は世界全体で34%に達した。アップルはサムスンの市場シェアを15%とし、サムスンの半分以下だった。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム