サムスン、スマートフォン向けePoPの量産を開始

三星電子は、DRAM(Dynamic Random-Access Memory)とNANDフラッシュを組み合わせたスマートフォン用のパッケージオンパッケージ(ePoP)メモリを量産開始した。

(サムスン)

昨年、韓国の技術大手はウェアラブル用のePoPを生産し始めた。コントローラ、DRAM、およびNANDフラッシュを1つのチップにグループ化し、アプリケーションプロセッサの上にスタックすることでスペースを節約しました。 NANDフラッシュは熱に敏感であるため、高温で処理するAPに近づけることは以前は困難であると考えられていました。

新しく発売されたスマートフォン向けePoPは、APを搭載したパッケージにグループ分けすることができ、スペースを40%も節約することができ、よりスリムなハンドセット設計が可能になります。

ePoPは、32GBのマルチメディアカードを搭載した3GBのLPDDR3モバイルDRAMモジュールをグループ化しているため、非常に高い容量と読み取り速度も備えています。これは64ビット幅であり、DRAMは20ナノメートルプロセスで作られています。

サムスン電子は、昨年後半に20ナノメートルのメモリ製品をフルラインナップしたと発表した。第4四半期のガイダンスでは、メモリ事業が翌年の市場平均よりも速く成長すると述べた。

韓国のより多くの

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

今、あなたはその道で何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができます

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

LGの利益は2014年に46.4%増、サムスンは2015年にどのように取り組もうとしているのか、Uberは韓国の法律上の制限に縛られている、韓国はチタンの生産に7,500万ドル

iPhone、再販のためにあなたのiPhoneを安全に拭く方法、ハードウェア、その道のりで何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができるようになりました;エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入